会長挨拶

― 会長就任にあたって ―
第57代  会 長  野 村  克 章

僭越ながら今年度の会長を務めさせて頂くこととなり、若輩者ですが誠心誠意努めを果たしていく所存です。

昨年度はコロナ渦の影響でアクティビティの多くが中止になり、幹事としてクラブ運営の経験を積むことが少なかったことに寂しさを感じます。今年度は早期にコロナ渦が終息し、計画通りアクティビティの全てが実施できることを願うばかりです。

今年度の運営方針は「地域社会に喜ばれるアクティビティを考え実践し、楽しく意義あるクラブとして活性化を図ると伴に、会員の増強に努めましょう」としました。「ライオンズクラブに入会したことの意義」を考えたとき、入会時の資料を帰りみれば「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」の宣誓文が目に留まりました。アクティビティを通じ、メンバー同士が顔を合わせる機会を多くなることによって、自己が高められ活力のある京都洛北ライオンズクラブであり続けたいと願ってます。

そして、楽しい意義あるクラブの活動を実感して頂き、2年前に取り入れたトライアル会員制度で、新しいメンバーを紹介して頂くことを期待するところです。

皆様におかれましては、新たなアクティビティの要望やご意見を申し出て頂きたく、ご鞭撻、ご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

 


歴代会長挨拶