京都洛北ライオンズクラブ事務局

〒606-8505
京都市左京区宝ヶ池
グランドプリンスホテル 京都
2階273号室
TEL 075(711)8234
FAX 075(701)2237
2012年11月23日(金) 奉仕活動TOPへ
 
アクティビティ報告
 
岩倉ハイキングコース「遭難救助及びハイキング案内板」設置支援事業

小雨決行で、瓢箪崩山の山頂へ・・・・・

京都市左京区岩倉ハイキングコースは、『関西日帰り山歩きベスト100山』にも掲載されている岩倉地区を一周するハイキングコース。家族連れや地元小学校が授業の一環としてハイキングを実施したり、多くの方が利用する人気の高いハイキングコースです。
平成24年11月23日(金)、岩倉北小学校へ午前9時集合。岩倉北学区自治連合会長、岩倉北消防分団14名、岩倉明徳消防分団4名、京都洛北LC4名(他に出発時は会長・幹事の2名が加わる)、総勢23名が二手に分かれ、全コースに18本の案内板の内、12本の案内板を約3時間かけて設置しました。
             

生憎の小雨の中スタートしましたが、岩倉の山に大変詳しい安馬英男自治連合会長を先頭に、消防分団のスタッフは案内板の他に、地面に穴をあけるための金属製の筒や、筒を地面に打ち込むためのハンマー、セメント粉を手分けして運搬しての設置作業でした。
瓢箪崩山の標高は532.4m、山頂までそう遠くはないだろうと油断していましたが、スタートからの急勾配に体から汗が、頭から湯気が吹き出し、寒さは一気に吹き飛びました。
悪天候にも拘らず、道すがら3組のハイカー達と出逢い、人気のコースであると実感しました。現在の標識は木製で文字が読みにくかったり、やや古びた感じでしたが、今回の「京都洛北ライオンズクラブ寄贈」の案内板は大変に判りやすく、ハイカーの皆さんの道標になるだろうと思います。
一昨年の大原ハイキングコース、今回の岩倉ハイキングコースに京都洛北LCの案内標識が設置されたことは、クラブの歴史に残るアクティビティのひとつであると感じます。
 (広報委員長 須野原修二)


    

      
    


奉仕活動TOPへ
Copyright(C) 2011-2012 KYOTO RAKUHOKU LIONS CLUB all rights reserved