京都洛北ライオンズクラブ事務局

〒606-8505
京都市左京区宝ヶ池
グランドプリンスホテル 京都
2階273号室
TEL 075(711)8234
FAX 075(701)2237
2012年7月16日(月・海の日) 奉仕活動TOPへ
 
アクティビティ報告
 
 明神川で魚と遊ぼう“魚つかみ大会”
 平成24年7月16日(月・海の日)、公益財団法人日本釣振興会京都府支部主催の「2012年JFW(Japan
Fishing Week)明神川で魚と遊ぼう“魚つかみ大会”」が実施されました。
前日は京都市北区の紙屋川が決壊、孤立地域があり、鴨川の濁りもひどく開催が危ぶまれましたが、世界遺産から流れ出る明神川は大会当日になって流れが穏やかになり、透明度もよく例年通りに開催できました。
 午前10時より滑らないように川底を清掃し、午後1時30分より「釣り教室」を数回に分けて開催。2時より金魚(姉)6,000尾、赤金4,000尾の「放流体験」の後、幼児には学校内で「金魚すくい」、小学生には明神川で「魚つかみ」を実施しました。参加者が今までで最高の500名近くとなり、盛況裡に終えることができました。(幼児108名、小学生159名、大人190名、スタッフ34名、計491名)
 当クラブは継続アクティビティとして日本釣振興会京都府支部に年会費を支払い後援しています。当日は監視員として杉原会長をはじめ、L中島、L犬石、L山本が参加しました。  
 (広報委員長 須野原修二)
  


2012年10月21日(日)

アクティビティ報告
第35回ファミリー“マス釣り大会”
 平成24年10月21日(日)、(公財)日本釣振興会京都府支部主催による「第35回ファミリー“マス釣り大会”が開催されました。京都洛北ライオンズクラブからはL杉原、L坂田、L中島、L犬石、L小川、L藤原(保)、L廣瀬の計7名が、監視・安全担当として参加いたしました。
 この日はお天気も良く、新聞による宣伝効果もあり、上賀茂神社内の明神川の川辺は多くの親子連れなどでワァワァと歓声が上がり賑わいました。マスは水温9度の飛騨市の渓流から、日曜日の午前1時頃から運ばれてきたそうですが、マスは元気いっぱい。正に入れ食い状態で、糸は絡むは、切れるは、ドンドン釣れるはの大騒ぎ、約240名の子ども達が1,200匹程のマスを釣り上げました。
 常は非常に浅い川を塞き止め、釣りがしやすいように水深を増しておられるご努力は大変なものだと感心して見ておりました。最後もマスが蛍の幼虫を食べてしまうので、1匹も残さず投網等で回収されました。釣振興会と協力団体の皆様、お疲れ様でした。
(広報副委員長 廣瀬宗泰)
奉仕活動TOPへ
Copyright(C) 2011-2012 KYOTO RAKUHOKU LIONS CLUB all rights reserved